こどもとしょかん154号夏

767円 2017年7月 →定期購読もできます

●評論
ともに生きる――平和・いのち・人と動物の絆 大塚敦子

当館では3月に、写真絵本『さよならエルマおばあさん』『地雷のない世界へ』の著者の大塚敦子さんをお招きしてご講演いただきました。今号評論は、この講演に加筆・構成してお届けします。フォトジャーナリストとして本を生み出すまでの道のり、エイズやガンで死を目前にしながらも前向きに生きようとする人たちの姿や、犬の嗅覚を使っての地雷除去活動の紹介、介助犬や盲導犬育成を活かした受刑者更生プログラムへの取り組み等。氏の被写体と深く関わりながら撮影する姿勢が伝わります。

○この人、この本 野いちご文庫 若佐久美子さん
○新潟の本棚から 第6回 真壁伍郎
○ランプシェード 光は見えたが・・・・・・ 松岡享子
・書評『反どれい船』『すべての子どもに本との出会いを』
・本の会から『ナビラとマララ』『イードのおくりもの』

PAGETOP
Design by Ikumi Katayama, Some photos by Masakazu Ikeda
©Tokyo Children’s Library