トップページへ
サイトマップ
支援のお願い
お話の講習会

東京子ども図書館では、お話を語って聞かせることが、子どもたちをたのしく読書に導く、有効な手だてであると信じ、設立以来、お話に力をいれてきました。お話とは、昔話などの物語を、語り手がすっかり覚えて自分のものとし、本を見ないで語るもので、ストーリーテリングとも呼ばれています。当館の講習会は、子どもに語ることを基本に据え、どのようなお話を選んだらよいか、どのように語ったらよいか、語り手としての心構えなどを学びます。月1回・2年間のコースと、初心者向けの1日から2日の短期コース、経験を積んだ語り手を対象にしたリフレッシュコースがあります。児童図書館員、学校図書館員、教師、保育者、児童館職員、文庫関係者、お話ボランティア、学生など、子どもにお話をする必要のある方が対象です。

お話の講習会 2年間コース

月1回、2年間にわたって、子どもにお話を語ることの基本をじっくり学ぶ講習です。1974年の設立当初からはじまり、これまでに800名を超す修了生が全国で活躍しています。お話を語り、聞く実習を中心に、関連する本の講読、さまざまな問題についての話し合い、レポートなど約30単位が課せられます。1年目の夏には1泊の合宿があり、修了時にはお客さまを招き、ひとり1話ずつお話を語ります。午前10時〜12時のクラスと夜7時〜9時のクラスがあり、受講生はそれぞれ約20名。4月からはじまり、午前、夜と隔年で開講しています。例年、機関誌「こどもとしょかん」冬号(1月発行)で、次年度の受講生を募集します。ホームページ新着情報にも、情報を掲載します。

短期お話の講習会

子どもにお話を語りたいけれど、2年間の講習会には参加しにくいという初心者の方を対象に、1日〜2日で行います。お話を語り、聞く実習を中心に、子どもにお話をするときの心構え、お話の選び方など、かかえている疑問についても話し合います。当館職員によるおたのしみお話会もあります。また、お話を数年語ってきた方を対象とした中級コースもあり、それぞれ年1回程度開催しています。

リフレッシュコース

子どもたちにお話を語る人が増え、各地に語り手たちのグループができるにつれて、長年お話を語ってきた人たちが、そうしたグループのリーダーとしての役割を担わせられる場面が出てきました。ただ自分で語るだけでなく、お話をすすめたり、広めたりする活動にたずさわる立場に立つ方、あるいは、長年同じ事をつづけてきて、何か気持ちをリフレッシュする刺激が必要だと感じている方など、同じような立場にある者たちが一堂に会し、心ゆくまで話し合い、元気を取り戻そうというのが、このコースです。

年1回程度開催しています。


短期お話の講習会、およびリフレッシュコースは、不定期ですので、募集については、機関誌「こどもとしょかん」、またはホームページ新着情報をごらんください。

ページトップへ